トップページ > よくある質問

FAQ
よくある質問

そもそも塗替えって必要なの?
塗替えしなくちゃいけない理由がよくわからないのよね。お金もかかるし、少しくらい汚れててもがまんできるし、なかなか行動に移せないわ。
必要です。
家の美観はもちろんですが、外壁は風雨や太陽の紫外線などから家を守る大切な役割があります。特に「水」は外壁にとって大敵。塗膜の劣化によって家の内部に湿気が入り込むと住まいを支える柱や断熱材の腐食に繋がります。傷みが大きくなる前に、しっかり家の補修をしましょう。
塗替え時の目安は?
そろそろ塗替えかな~と思いつつ決定的なキッカケがないんだよな。塗替え目安みたいなのってあるのかな~。
家を観察しましょう。サインはちゃんと出ています。
まず、外壁表面のひび割れ、ふくれや剥がれはもちろん外壁を触って白い粉が付く(チョーキング)ようであればそれは、外壁の塗膜が劣化している証拠。また、カビや藻の発生は、美観を損なうだけでなく外壁の寿命を縮めます。手遅れにならないうちに塗替えるのが、快適に過ごすコツです。
塗替えっていくらかかる?
塗替えしたいけど、けっこうお金がかかりそ~。誰に聞いたらいいかわからないし、予想がつかないわ。
使う塗料や家の状態で違います。
料金は使用する塗料や柄、広さ、家の状態によってさまざま。実際に業者に家を見てもらい、見積りを作ってもらいましょう。なるべく多くの情報を集めて、「こんな感じに」など希望を整理し、質問など準備しておくとよいでしょう。
業者の選び方で注意する事は?
いっぱいある業者の中からどうやって選んでいいかわからないよ。金額だけで決めていいのだろうか。
料金、対応、サービスなど細かくチェック!
しっかり現地調査せず、大ざっぱな見積りをする業者は危険。追加請求や手抜き工事のおそれもあります。契約前に、工程がメーカーの仕様通り組まれているかなど確認することが大切。知識が豊富できめ細やかな対応をしてくれる業者選びを。
見積り書は一般的にこのようなものから成っています。
1.仮設工事費 2.塗装工事費(材料費含む) 3.その他必要諸経費
【足場】
工事を行なう際、作業員の作業台や通路となる仮設物。
【養生】
周囲に傷や汚れがつかないよう、ビニールシートなどで保護する事。
【洗浄】
水を高圧で噴射し、カビなどの外壁の汚れを除去。
【下地調整・補修】
施工に適するように、下地を整えたり、補修する事。
【安全管理費】
ゴミを処分したり、安全な作業(マスクなど)を行なうための費用。
塗料はどんなものを選べばいい?
塗替えを決めたのはいいけど、種類が多すぎてどんな塗料を選んでいいかわからないよ。
耐久性やコストパフォーマンスを考えましょう。
一概にコレとは言いません。その場の金額も大切ですが、何戦もつかという耐久性も重要。1回あたりの塗替え費用は割高でも、塗替えの回数を減らせば最終的なコストを抑えたれます。長い目で見て、業者とよく相談しましょう。
塗替え作業中に気をつける事は?
実際、塗替えが始まる前と始まってから気をつける事ってあるのかしら。
時間がある時には立ち会をしましょう。
塗替えが始まる前は、ご近所にきちんとあいさつをしておきましょう。また、作業中には心配を解消するためにも時間がある時に立ち会い、その日の工程を確認するなど疑問に感じた事はその場で質問しましょう。
塗替え後の保証ってあるの?
もし、問題がおきたらどのくりあの期間対応してくれるのかしら。
契約時にしっかり業者から聞いておきましょう。
業者や使用する塗料によって保証期間やアフターサービスの内容は異なるので、契約時に確認しておくこと。安心できる業者は、そのあたりもしっかり対応しているものです。問題が起こってからでは遅いですよ。
ずっとキレイな外観を保つには?
せっかく塗替えをしたんだから、いつまでもキレイな外観を保ちたい。でもそれって現実的には難しいの?あきらめないといけないの?
光触媒技術を使った夢のような塗料があります。
TOTOの光触媒技術を使った塗料は、1回あたりの塗替費用は割高でも、20年くらい長持ちするので最終的にコストは軽減。何といっても汚れ防止効果が高く、自然の力でいつまでもキレイな外観を保てるのが最大のポイントです。